注文住宅選びの重要性

欠陥住宅を避けるためにも、やはりプロに建物の調査をしてもらうのは良いことです。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

欠陥住宅をつかまされないために

欠陥住宅なんてものは誰でも絶対に避けたいのではないでしょうか。
しかし素人ではなかなかそれを見分けることができませんね。
少しここでは参考になる情報を考えてみましょう。
もし中古住宅を購入するのであれば、まずは隅々まで細かくチェックすることが大事になります。
例えば雨漏りであれば建築後の数年で如実に現象が起きてきますので、屋根裏を覗いてそのシミが無いか確認してみることができるのです。
さらに外壁や内壁のひび割れ、亀裂にも注意する必要があります。
建築時に行ったはずの地盤調査の資料があれば基礎の異常などにも気付くことができるでしょう。
しかしこのような目で見て分かる欠陥ならまだしも建物内部に隠された不具合に関してはどうすることができるのでしょうか。
まず何か気になることがあるなら、契約をする前に検査のプロにその建物の調査依頼をしてみてください。
費用はおおよそ5万円から10万円というところでしょう。
もちろん安い料金ではありませんが、購入後に欠陥が分かった時には非常に大変なことになりますので必ず行いましょう。
もし自宅が欠陥住宅であると分かったらどうしたら良いのでしょうか。
これは新築住宅なのか、そうでないのかで大きく対応が分かれるところです。
新築住宅であれば引き渡しから10年間は売主の業者やハウスメーカーが瑕疵担保責任を追うことになっています。
ですからこのような法律面でのことも少し事前に考えてみることにしましょう。

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.