注文住宅選びの重要性

長方形の土地が手に入らなくても、デザインの工夫で快適な家を建てることができます。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

変形敷地でもあきらめない

一般的に家を建てやすいと言われているのは適度な長方形の形をした土地ですね。
可能であれば四角形ではない変形敷地というものは避けたいものです。
実際にハウスメーカーの提案する家も長方形の敷地に建てやすい仕様になっているのです。
しかし注文住宅であればいくらでも、その変形敷地を活かした特徴のあるかつ住みやすい家を作ることができるのです。
少しこの点に関して具体的に考えてみることにしましょう。
例えば細長い短冊状の敷地があったとしましょう。
この時はまず建物も敷地に合せて細長くすることができます。
この時に一つの工夫がよく行われます。
建物の途中にまるで「くぶれ」のような空間を造り中庭をおくのです。
そうすることでより採光と通風を得ることができ気持ちの良い部屋となることでしょう。
これは昔から日本の伝統的な家づくりで用いられてきた知恵であるということができるのです。
もし不整形な敷地だとどうしますか。
四角い建物を置くことでこの場合は色んな空きスペースが生まれることになりますね。
この大小の隙間空間も庭を室内から連続した形で整備してあげればよりデザイン性の高い住宅となるのです。
このような変形敷地というのはやはり普通の土地よりも安く取得できる場合などがあります。
ですから住宅メーカーの人とよく話し合ってその土地をどのように最適に利用することができるのか考えてみましょう。
きっと時間をかけることで色んなアイディアが生まれてくるに違いありません。

比べてお得!

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.