注文住宅選びの重要性

値段が下がるのをずっと待っていたら家を買うことは出来ません。ある程度の期間を決めて決断をするべきです。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

いつ買ったらいいのだろうか

消費税増税前に住宅の駆け込み需要がありました。
しかし、ここに来て住宅の値段が下がり始めています。
首都圏で新築の物件の中に1000万円台のモノがかなり増えています。
もちろん、安い物件は駅から遠かったり、人気のない路線だったりしますが、それでも安いです。
例えば、庭付き一戸建ての物件が2000万円台であるとしたらどうでしょうか。
まず、2000万円台の中古物件は売れません。
また、値段が下がってきているので、余裕がある人は様子をしばらく見ることでしょう。
今まで人気だった川崎のマンションなども買い手が少なくなっているとのことですから、大きな問題です。
都心の一部で値段が上がっているのは海外の投資家が円安を利用して購入しているからです。
円がまた高くなったらそれも止まるでしょう。
今後、住宅市場ではお買い得物件がたくさん出てくることと思います。
今は少し高くて手が出ない物件も情報をマメに仕入れるようにしましょう。
もしかしたら急に下がる可能性もあるからです。
もちろん、物件をあれもこれもと見ていたらきりがありません。
購入資金がすでにあるのであれば、目星をつけて、販売額が下がる可能性があるかどうかを探りましょう。
そして、チャンスがきたら行動しましょう。
今後、人口が減っていく日本は間違いなく供給が増えます。
確実に値段は下がるでしょう。
でも、待っていたら買えなくなってしまうので、ある程度の期限を決めて決断することが大事な事ではないかと思います。

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.