注文住宅選びの重要性

土地付きでなかったために毎月土地代を支払う必要がありました。マイホームなのに変な感じです。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

土地なしの家を買う

賃貸住宅のアパートに住んでいましたが、立ち退き地域に指定されてしまい立ち退きを余儀なくされました。
中古住宅を二件みました。
どちらも日あたりが悪く、薄汚れた感じがしました。
中古というのはこういうものなのでしょうか。
二件目に見た物件にしました。
そのエリアではめずらしい土地なし物件でした。
そのためかなり格安で家を買うことができました。
その代わり土地代を支払う必要がありました。
持ち家でありながら土地代を毎月支払うというのは家賃を支払っているような感じです。
なんとも中途半端な気持ちでした。
土地代の徴収にくるたびに、こんな膨大な土地をもっているおばさんをうらやましく思いました。
そもそもなぜここに膨大な土地をもって売ろうとしないのでしょうか。
大地主です。
貧富の差を感じていました。
土地付きでなければ家はかなり安いものです。
家そのものだけならローンの負担もそれほどではないかもしれません。
たかだか八十年くらいの人生のうち半分をローンにつぎこむというのもなんだかむなしいことです。
それだったら好きなことをして自由にしながらある程度貯金をしていた方がいいのではないかと思います。
人それぞれ満足の定規が違うのです。
ローンがあるからこそ働く気持ちになってモチベーションを保つことができるという人もいます。
働かなくても家や車があるセレブであるなら労働意欲はわきおこらないかもしれません。
額に汗を流して働くことにより、お金はもちろん達成感をあじわえるのです。

比べてお得!

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.