注文住宅選びの重要性

家の修繕や修理にお金がかかることがあるので毎月貯金しておく必要があります。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

修繕費をとりわける

家を持っているとなにかとお金がかかるものです。
中古住宅で購入した家もだいぶガタがきていました。
数年に一度は外壁を塗りなおす必要がありました。
暇で器用な人はペンキを自分で塗るようですが、ペンキ塗りはそう簡単なことではありません。
プラモデルをつくるのとはワケが違います。
技術のいることなのです。
自分でぬったらそれなりの仕上がりにしかなりません。
安っぽくなることは確かです。
自分で塗るとかなりの節約にはなります。
足場を組むだけでも何十万とかかるケースがあります。
大抵塗装を外注したら足場を組むこともふくまれています。
塗装をする時も複数の業者に見積もりを出してもらうことが賢明です。
なぜなら業者によって値段がだいぶかわってくるからです。
同じ塗料を使っていても違うことがあるのです。
このように数年に一度の塗装にくわえて他にも修理の必要な部分があります。
家をもっていると修理費用を毎月取り分ける必要があるのです。
マンションの修繕費用と同じです。
そうすることのより修理が必要になってもあわてることがありません。
家の寿命は三十年だといわれます。
三十年たてば建て替えやリフォームが必要になってきます。
見た目はまだまだ必要なさそうに見えて中身や細部が劣化してくるのです。
家を持つというのはローン以外にも必要な経費がかかります。
そうした額を含めて家を購入する経済能力があるかどうか慎重に吟味する必要があります。
まだだと思うなら貯金をして備えなければいけません。

比べてお得!

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.