注文住宅選びの重要性

ゴミをすてられない人たちは年々増えているようです。どこに問題があるのでしょうか。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

ゴミだらけの家

土地付き一軒家に住む独身男性の家はゴミ屋敷として有名でした。
せっかくの家がゴミで埋もれています。
本人によるとゴミではなく商品だと言うのです。
もともと骨董店をいとなんでいたために、古いものを集めていっていたところ商品が家そのものを圧迫するようにまでなったというのです。
古くと価値のあるものもあるのでしょうが、素人からみればゴミにしか見えません。
異臭もするようになり、住宅街の景観を損なうという近所からの苦情をうけて、大改革することにしました。
ゴミ屋敷の中には骨董品以外にも本当のゴミもたくさんありましたのでそれらをまず処分する必要があったのです。
かなりの量になりました。
それから売れそうなものは店頭にならべて販売するのです。
こんな状態ですから商売の方もほとんどうまくいっておらず、良い月で数千円の売り上げがある程度でした。
ゴミのせいで肝心の骨董品を展示するスペースなどあったものではありません。
月に数千円の収入でどうやって生活しているのでしょうか。
近所の親切な人が野菜を分けてくれることがあるそうです。
また極力節約してくらしているために食生活は非常に質素でした。
栄養不足が心配されます。
増え続けるゴミ屋敷は社会問題になっています。
部屋を片付けられない、ゴミを捨てられない人たちは独特の問題を抱えています。
怠けている、不潔が好きなわけではないのです。
ある報告によると実際に脳の一部が損傷をうけていることもあるそうです。

比べてお得!

  • 鎌田和彦のツイートチェックはこちらがおススメ。ブログの紹介も。

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.