注文住宅選びの重要性

日本の住宅市場は独特で、海外で同じような国は見当たりません。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

日本と海外の違い

日本の住宅市場は世界と異なっています。
大きく異なるのは新築と中古の差が大きいことです。
日本では新築で購入してもすぐに価値が落ちてしまいます。
30年経過したマンションは新築の時の三分の一の値段になってしまいます。
また、一戸建てなら建物の価値は無くなってしまいます。
つまり、土地にしか価値がありません。
ヨーロッパや隣の韓国などは賃貸物件が少ないので結婚したら家を購入する必要があります。
それで多くの人はローンを組んでマンションや一戸建てを購入するのです。
それでも、住宅の価値はそれほど急激に落ちませんので資産としての価値はあります。
日本は賃貸物件も豊富ですので、結婚したら賃貸に住んで、夫婦でお金を貯めてから一戸建てやマンションを購入するというのが普通かもしれません。
しかし、世界ではそれが普通ではありません。
国によっては結婚するまで親元に暮らすのが普通のような国もあります。
いろいろな文化があります。
このように考えますと資産価値が低い家を買ってどれほどのメリットがあるのかと疑問が生じるかもしれません。
それでも、人は自分の家を持ちたいと思うものなのです。
これは安心感が関係してくるのかもしれません。
ローンを払い終わったら自分のモノになるという安心感です。
しかし、そこに到達するまではかなり大変な道のりです。
それを達成した時には達成感がある事でしょう。
また、家を持ちたいというのは人間の基本的な欲求と言えるでしょう。

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.