注文住宅選びの重要性

地方に行けば格安で一軒家を借りることができます。その原因はなんでしょうか。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

増える空き家

賃貸住宅といえばアパートやマンションを思い浮かべるかもしれません。
しかし一軒家の賃貸住宅もあります。
とある地方都市にあった賃貸物件は古い一軒家でした。
一人暮らしには広すぎるように思えます。
しかしそのエリアでマンションを借りるとなると一軒家を借りるよりも高くつくのです。
その仕組みはなんでしょうか。
マンションやアパートは賃貸のために建てられたものです。
特に地方の場合あまっている土地を持っている地主を探しては不動産業者が賃貸マンションを建てるようにすすめたケースが結構あるのです。
しかし一軒家というのは住んでいた人が都会に行った、死亡したなどの理由で空き家になっていました。
それを賃貸として貸し出すのですから、その家賃収入はあってもなくてもいいものなのです。
ですからたいていが格安です。
もちろんエリアによって事情は異なります。
都心部では一軒家であっても借り手がたくさんいるので、同じ面積のマンションより高い家賃であることがあります。
最近地方都市や農村部で空き家が増加していることが社会問題になっています。
少子高齢化で若者は都会に働きに出てそこで家を建てることが多いのです。
出身地である地方にもどってくることはほとんどありません。
生活基盤がないからです。
両親が亡くなって家がそのままという状況なのです。
このままだとゴーストタウンになってしまうことを懸念して自治体が移住者を誘致しているところはたくさんあります。
田舎の生活になじめないという人が増えているのです。

比べてお得!

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.