注文住宅選びの重要性

とても狭い敷地に家を建てるのは建設も住むのも大変苦労しましょう。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

狭小敷地に建てる

超が何個もつくくらい狭小敷地に建てられていました。
敷地というよりすきまです。
ビルとビルの間に建てられているのです。
よくこんな所に家を建てたものだと感心します。
工務店が底辺だったに違いありません。
もちろん住民はもっと大変です。
まるで広いカプセルホテルを重ねたような印象さえうけます。
人はいったいどのくらいの狭さまでなら耐えることができるでしょうか。
実験結果を見るまでもありません。
人に必要な一定の空間というものがあります。
それには必要な酸素といった生命の維持に必要なものに加えて精神的なものがあります。
寝られさえすればいいからといって極端に狭い場所で生活を続けるなら心身のバランスを崩すにちがいありません。
ある程度の空間が必要なのです。
住宅を設計する時もそうした点を踏まえる必要があります。
とはいっても面積が狭いとギリギリまで使っても限界があります。
東京など土地が高い所では仕方がありません。
狭小敷地ではありませんが、ヨーロッパのある国では学生の寮を非常に限られたスペースに作っていました。
いたるところに工夫がなされています。
ベッドは壁に収納できるようになっています。
本や持ち物は壁の中に取り付けられた棚に置くことができます。
狭いながらも動線に配慮がなされているために動きにくいということはないようです。
またなにより木を使った内装なのでとてもおしゃれで落ち着く空間になっています。
これなら狭いのも気になりません。

比べてお得!

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.