注文住宅選びの重要性

注文住宅は担当者ととことん話し合わなければなりません。あとで作り直すことはできないからです。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

納得いくまで打ち合わせをする

有名なリフォーム番組にでてくるような腕のある設計士や工務店はそうあるものではありません。
予算にもかぎりがあります。
デザインという概念が全くない大工さんはたくさんいます。
住めればいい、使えればいいと思うのです。
素敵な設計士と出会うことが出来ればとても幸せです。
自分の好みをうまく伝えるのは難しいことだからです。
注文住宅はある意味美容院にいくのにとても似ています。
こんな風にしてくださいといいますが、お客さんのこんな風とスタイリストな思うこんな風は往々にして異なることがあるからです。
出来上がったのを見て、あれと思ってもまあいいかモデルじゃないんだからとあきらめる人が八割を占めるのではないでしょうか。
注文住宅の場合は担当者と綿密な打ち合わせが必要です。
そのためには客側にも知識が求められるので勉強が必要です。
仕事をしている人なら仕事が終わって打ち合わせをするのはかなりエネルギーのいることかもしれません。
大抵家を建てるのは一生に一度のことですから納得いくまで話あわなければ後で後悔します。
髪の毛はたとえイメージ通りでなかったとしてもまた伸びてきます。
最悪丸坊主にされない限り大きな問題ではありません。
でも家となるとそうはいきません。
出来上がりが気に入らなかったとしても作り直すことはできないからです。
よく家を建てるのは二件目からが納得のいく家を建てられるといわれます。
最初はわからないことが多いからです。

比べてお得!

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.