注文住宅選びの重要性

家の断熱材はとても大事です。寒い家の場合はどうしたらいいでしょうか。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

寒い家で快適に過ごすには

某ハウスメーカーの家に住んでいました。
最初は洋風でおしゃれだと思いました。
断熱材が入っていないのか冬は非常寒く感じられました。
特に北向きの部屋は冷蔵庫のような寒さです。
広いリビングが特徴だったので普通のファンヒーターや石油ストーブだけではとてもあたたまりません。
東北仕様の大型ストーブを使っていました。
ところがそれも故障したために、最近はストーブとファンヒーターの併用です。
注文住宅でも建売住宅でも防寒対策は必要です。
どのような断熱材を使っているかで暖房費が変わってきます。
できるだけ暖房費を節約するためにも冬はあたたかく夏はすずしい家が理想的です。
またエコロジーにもなります。
どうすれば寒い冬にあまり暖房器具に頼らないであたたかくすごすことができるでしょうか。
冬は早めに雨戸を閉めることにより暖かい空気を保つことができます。
厚手のカーテンをすることも大切です。
窓には隙間をつくらないようにします。
また部屋のいたるところに暖簾をすることにより暖かい空気が逃げるのを防ぎます。
薄い布一枚でかなり違ってくるのです。
そして厚着です。
首ものを冷やさないようにしましょう。
首元をあたたかくすることにより体全体をあたたかく感じさせます。
靴下やレッグウォーマも必需品です。
こうしたちょっとした工夫で寒い冬でも快適にのりきることができるのです。
家を建てるときは寒さ対策を万全にすることはとても大切です。
寒いのは心身にマイナス影響をおよぼすからです。

比べてお得!

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.