注文住宅選びの重要性

現場見学会の中には、構造見学会と完成見学会という2種類の見学会があります。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

現場見学会の種類

よりそのハウスメーカーの住宅建築の実力を理解するためには、住宅展示場よりも現場見学会に参加した方が良いです。
ハウスメーカーの実施している現場見学会を見てみると、構造見学会と完成見学会の2種類に分類できます。
構造見学会と完成見学会を比較した場合、なるべく構造見学会の方に参加することをお勧めします。
構造見学会の場合、建物の建築途中の段階で見学できるところが大きなメリットです。
基礎や住宅の骨組み、構造材、金物といった普段知ることのできない情報を得られます。
完成見学会といって住宅が完成してしまうと、壁や床などに阻まれてしまって、構造の重要な所をチェックすることができなくなります。
構造をチェックするのは、住宅の耐久性や安全性をチェックする意味では大変重要な意味合いがあります。
しかし完成見学会は参加しても無駄かというと決してそうではありません。
完成見学会に参加することで、家の仕上がりがどのような感じになるのか把握できます。
住宅展示場だと草食も多いので、実際の住宅のイメージと異なります。
またカタログやインターネットの施工事例の画像と実際の仕上がりも見た目が異なることがあります。
実物を目にすることは、住宅の仕上がりを知るうえで大変重要なポイントです。
また壁や床などに細かな傷がないかどうかチェックできます。
傷がついていると、大工が雑に扱っていることが推測できるので、注文住宅の候補からは外した方が良いとなるわけです。

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.