注文住宅選びの重要性

打ち合わせをする時には自分の要望ではなく、相手のこだわりをまずは聞くことです。

注文住宅選びの重要性
注文住宅選びの重要性

相手の話を聞く

「こういう住宅を建設してほしい」注文住宅を建設するにあたって打合せの際に、こちらの要望をまず伝えるのが常識と思っている人もいるでしょう。
しかし本当のことを言うと、自分の要望をまず相手に行ってしまうのは決して良い戦略とは言い切れません。
ではどうすればいいかというと、まず住宅会社側が住宅建設にあたって、どのようなこだわりを持っているのか聞き出すのです。
なぜ自分の要望を最初のうち隠すかというと、相手が話を合わせてしまうからです。
そうなると皆さんが希望するスタイルの注文住宅建設に対応できる業者なのかどうか、判断できなくなってしまうのです。
いろいろと話をしていて、相性のいいハウスメーカーと思って契約したところ、期待外れに終わったというケースも多いです。
その理由として、相手の実力や得意分野がよくわからずに契約してしまったからという事例が結構多いです。
では相手のこだわりをどのように聞き出せばいいのでしょうか?
例えば「施工事例など見せていただくことはできませんか?」とか「どのような工法を採用しているのですか?」「構造材や造作材としてどのようなものを使っているか教えていただけませんか?」などの質問をすれば、相手がどのようなこだわりを持って注文住宅を建設しているかが推測できるはずです。
そしてそのこだわりが自分のイメージする住宅にマッチしているかどうかを考えてみましょう。
そのうえでどのような住宅を建設したいか伝えれば、納得できる注文住宅ができるはずです。

比べてお得!

Copyright (C)2017注文住宅選びの重要性.All rights reserved.